展示会デザインおける音声の活用

subpage01

新商品の展示会デザインを行う上で、商品説明にスタッフ以外に音声を発する装置を展示ブースに組み込むことができます。

例えば訪問者が商品の前に立つと、赤外線センサーが作動して自動的に商品説明の音声が流れるといった演出などが可能です。


こうした演出はその企業に技術がなくても、展示デザイン会社に依頼することで可能になります。

展示会の装飾情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

どういった内容の音声をどのくらいの長さで流すかなどを詳細にわたって打ち合わせします。業者と綿密な打ち合わせを繰り返し行い、実際にその様子を再現してみることで改良を加えていきます。



商品に関する情報を持ち合わせない人にモニターをしてもらい、この音声によって商品の性能や新規性を理解できたか、購入したくなったかなどを問うてみるとよいでしょう。そうすることでどこを変えるとより理解しやすくなるか、より効果的になるかなど見えてくることでしょう。

自分に合ったsmanyのことならこちらのサイトが便利です。

さらに、音声を加える場合には効果音やBGMとなる音楽を導入すると、より効果的に商品の魅力が伝わります。

こうした演出もできれば依頼して、展示会では考えられる限りの効果的な演出となるように、最大限注意を払うとよいです。音声スピーカーは展示会場ではやたらと音を大きくすることは周囲のブースに迷惑となりかねません。さらに訪問者が多くいと音声は思ったようには届きにくいものです。そこで近年は指向性のあるスピーカなども導入され、商品の前にいる人に向かってそうしたスピーカを向けることで、無駄に音を大きくせず、周囲にも影響しない形で効果的に音声を流すことも可能となってきました。こうした点も展示ブースをデザインするうえでうまく取り入れたいです。


身に付けよう

subpage02

宣伝したい商品について展示会でのコンセプトがうまく一致していると、来場者の目を引くことになります。アイキャッチに沿って展示ブースに寄っていくにつれて興味が増してきて、その商品のねらい、名称、特徴や、コンセプトが順にわかるように流れを作ります。...

NEXT

社会の話

subpage03

企業が展示会をおこなう場合、それは全てが大切なマーケティング戦略としてのプロモーション活動の一環です。必要な予算や人員を投じ、膨大な時間を費やしておこなうイベントですから、ぜひとも成功に導いて、会社や商品のイメージアップを図りたいものですね。...

NEXT

社会コラム

subpage04

展示会において新しい商品のコンセプトや改良点をより迅速かつ容易に理解してもらうために、動画をデザインして会場で上映することがあります。その場合には展示会デザインを企画する会社に依頼することになります。...

NEXT

意外な真実

subpage04

新しい商品の展示会のブースを作る際、その商品のテーマを明確にします。会場に訪れる様々な人々に、商品の魅力がわかりやすく伝わるようにするためです。...

NEXT