TOP > 植毛の種類とそのメリットとデメリットについて

植毛の種類とそのメリットとデメリットについて

植毛には大きく分けて2つの方法があり、人工毛を使用して行う人工毛植毛と自分の髪の毛を使用する自毛植毛があります。
人工毛を使用して行う方法は、自分が増やしたいだけ増やせるのがメリットであり、発毛期間を待たずにすぐ生やすことができるので即効性が高いといえます。

薄毛治療情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

ただ、人工毛は自分の細胞ではないので頭皮が拒否反応を起こして炎症や赤みなどの肌トラブルに発展することが多く、現在では一部の専門クリニックでしか行われておらず、アメリカではトラブルの発生を防ぐために施術自体が禁止されています。また、移植しても数年で抜け落ちてしまうので定期的なメンテナンスが必要です。

一方、自分の髪の毛を使用して行う自毛植毛は、もともとは自分の細胞である髪の毛を後頭部や側頭部などの男性ホルモンの影響を受けない部位から採取したものを移植していくので、拒否反応が起きにくく定着率が高いのが特徴です。


一度施術を受けて発毛するようになればその後メンテナンスを受ける必要はなく、移植した髪の毛は頭皮でヘアサイクルを繰り返しながら生え続けていきます。



ただ、移植した髪の毛が発毛するまでには移植した髪の毛が抜け落ちてしまうショックロス現象などを経て3~4ヶ月ほどしてようやく生えてきて、十分な長さにまで髪の毛が成長するには半年から1年ほどかかるとされています。発毛するまでの時間はかなりかかるとされていますが、高い確率で発毛することは確かであり、多くの薄毛改善法の中でももう二度と生えてこないと諦めていた部位に再び髪の毛を生やすことができる点では唯一の方法ともいえます。




Copyright (C) 2016 植毛の種類とそのメリットとデメリットについて All Rights Reserved.