テーマカラーが決め手の展示会デザイン

subpage01

新しい商品の展示会のブースを作る際、その商品のテーマを明確にします。


会場に訪れる様々な人々に、商品の魅力がわかりやすく伝わるようにするためです。

その手がかりは商品開発に着手する際に、テーマと課題については討議がされていますからそれを活かして決めるとよいです。

テーマが決まれば前面に打ち出すようにします。意向に沿った展示会デザインとなるようにデザイナーに伝えます。

テーマについてわかりやすくデザインを具体化します。

その一例が展示会のテーマカラーです。

たとえばテーマカラーで気品を引き出したい場合を示してみます。


この場合、気品を表すカラーに加えてもう1色を用いる場合には、メインとサブというふうに割合を変えて、テーマカラーが前面に出るようにすると、より商品が引き立ちます。加えて色のデザインではブースの一部に曲線を取り入れるなど、親しみやすい印象を与えるとよいです。頑丈さやパワーなどを主張したい場合はどうでしょう。

色やデザインの選択は大きく変わります。

彩度の高い色や組み合わせで選ぶとよいです。しかし企業として品格を維持できる色を選択します。広範囲に高い彩度の色を用いる際には下品にならないように注意を要します。


またブースのデザインも力強さが感じられるものがいいでしょう。

テーマカラーを使う際には、色使いと適用する場所をよく考えます。

展示会のデザインの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

そしてただその色をあちこちに使えばよいわけではなく、要所要所に適切に用います。



そうすることで来場者に商品がテーマカラーとともに印象に残るようにします。

4meee!が広く知れ渡ってきました。

テーマカラーは、展示会での配布物などにも積極的に利用します。


色の選択に成功すると、これらは展示会場の内外でも目立ち、宣伝効果を高めることが可能です。


こうした商品のイメージづくりはマインドシェア向上に効果的といえます。