洗練度を高めた展示会デザイン

subpage01

宣伝したい商品について展示会でのコンセプトがうまく一致していると、来場者の目を引くことになります。
アイキャッチに沿って展示ブースに寄っていくにつれて興味が増してきて、その商品のねらい、名称、特徴や、コンセプトが順にわかるように流れを作ります。



これは案内表示をそれほど必要としない自然な流れになるようにデザイン・配置することが最もよいです。



デザインがしっかりしていると、来場者が引き付けられて滞留しつつも流れができ、説明者への問答や説明にも耳を傾けてもらいやすくなります。
わかりやすさが加味されると一段とその商品の「売り」の部分に対して興味を感じることができ、面白さや場合によっては感動を呼び起こすことも可能でしょう。

T-SITEの有益性の紹介です。

効果的に伝わればその商品をもつことの満足感や充実感を容易に想像することもできます。

こうした展示会デザインは、その商品のもつ特徴を確実に表す場となる必要があります。
ブースの中に様々な趣向が凝らされていることを来場者は期待して訪れています。

期待以上のものが少しでも加味されていると、来場者にとってその商品に対してプラスの印象を携えることができます。


未体験、斬新な点がうまく伝わることで商品が価値をもちはじめます。

このようなデザインに成功するためには、納得のいくまでデザイナーや関係者への説明がされていて、チームワークで洗練され実現できるものです。


新製品の展示会はデザイナーに任せきりでなく、開発から販売までの担当者それぞれの商品に対する思いがしっかりと内包したデザインになっていると、来場者へもそのコンセプトが伝わるものになり得ます。