展示会デザインおける動画の活用

subpage01

展示会において新しい商品のコンセプトや改良点をより迅速かつ容易に理解してもらうために、動画をデザインして会場で上映することがあります。

その場合には展示会デザインを企画する会社に依頼することになります。
そして展示物や展示ブースの形状やデザインに合致した映像モニターや上映環境が必要になります。会場は制限が思った以上に多く、電源や明るさ、音声はどうするかなどといった点まで、細かな打ち合わせが必要になります。その音声へ織り込む情報や説明は、開発・販売する依頼側が、十分な検討や討議を経た原稿を渡します。



最も効果的とされる原稿を作成して、企画会社に編集や音声の変換や画像と合わせたり、効果音や音楽などを織り交ぜたり、さらに原稿に手を入れることを行ったりします。


場合によっては、商品をより魅力的に見せる演出を入れます。

展示会のデザイン情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

基本的に展示会の訪問者は流動していて、絶えず動いています。

したがって同じブースには長い間拘束できないので、短時間で伝わる概要と、ポイントをついた性能説明、メリットなどをあげます。
せっかく映像にするのですから、展示してある商品を紹介するうえで売りとなる部分について、実物の商品を見ているだけは得られない映像ならではの画像を入れるとよいでしょう。

4meee!に関するご質問を解決いたします。

コマ取り撮影や高速度撮影、商品内部の3D表示、実験データの図やグラフの効果的な見せ方など、動画ならではの動きを織り込むとよいでしょう。

商品とともにこうした映像や同時に音声を流すことで、より効果的な展示とすることが可能となります。